]

薬物依存症、アルコール依存症からの回復をサポートするリハビリテーション施設 潮騒ジョブトレーニングセンター

俳句集

2017年11月の句

運動会

選者 桐本石見

運動会校舎に響く応援歌

めい

今では運動会は六月頃も行われるが、俳句では秋の季語。晴天の校庭で応援合戦でもしているのか、校舎に響くほどの声で歌う子供達の元気な姿を彷彿する句です。最近は子供達の声が喧(やかま)しいなどと言われるが、子の声ほど元気付けられるものは他には有りません。

音花火待ちゐる今日の運動会

ゆうこ

今では天気予報の当たりも多いが、それでも運動会の朝は天気が心配、開催の知らせの音花火が聞こえると、子供も親も勇んで出かける。昔の田舎ではサイレンで知らせたのが懐かしく、また気をもむ実感の句です。

好きな娘と一緒に走る運動会

じじい

中学生にもなると初恋も芽生えて、運動会で走る時やダンスなどでは手をつなぐこともあり、胸をときめかす。私も部活で好きな子がいて楽しい日々だったし、それらを同窓会などで語り合うのも懐かしい思い出の句です。

運動会シャッターチャンスのゴール前

みく

運動会では夫々に元気な子の姿を見ますが、ことにゴール前では子も応援の親も力が入る。それらを合わせて写真のチャンスでもあり記念のメモリーで実感の句です。また「フライング焦る気持ちの運動会」も佳句。

親と子の二人三脚運動会

こば

小学生では親に引きずられて走るのを見ますが、中学生で男子なら対等に走れるし、親にとっては頼もしく思う時でもあります。最近は子供の事件も多いが、運動会などを通じても親子が睦合いたいものです。

村中の子供出てきて運動会

あべ

村と言えば小中学校で、そこでの運動会は祭りの様なものでことに小学校は賑わう。今では千人に満たない村が運営に苦慮する時代だが、運動会ともなると村中の子も人も参加して家族的でもあるが、過疎化や昔の郷を思う句です。

子供より親の張り切る運動会

ひろ

幼稚園や小学校の運動会などでは、子に親の強さを見せたい思いから張り切るが、普段の練習不足は否めず転んだりもするし、中学生ともなると恥ずかしいと言われたりする。

運動会孫がリレーに選ばるる

おの

クラス対抗や地区対抗の競技に孫が選ばれると親には嬉しいが、負けずに走れるかと心配でもある。まして孫ともなれば祖父母には気ももめるし、大役を果たすと褒美に何か買って上げたい思いにもなる。実感の微笑ましい句です。

藷堀りや小さき藷とて子等はしゃぐ

ゆたか

幼稚園や小学校などでは藷(いも)堀り、田植、果物狩りなどあるが、藷堀りは堀出す藷の大小や形にも歓声がわく。人には元々耕作する本能があるのかも。実感の微笑ましい句です。

潮騒ジョブトレーニングセンター(本部)

TEL:0299-77-9099 FAX:0299-77-9091
〒314-0006 茨城県鹿嶋市宮津台210-10 郵便物宛先:〒314-8799 鹿嶋郵便局私書箱56号

Home|依存症とは|施設紹介|回復のプログラム|ジョブトレーニング|仲間の体験談|施設への地図|専門家の方へ Copyright © SHIOSAI JOB TRAINING CENTER All Right Reserved.